ブログ

ウオーキング沿いの道草花

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は CIMG2120-1.jpg です

4月8日

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は CIMG2122-1.jpg です

4月8日

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は CIMG2132-1024x576.jpg です

4月10日

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 花7-1024x579.png です

4月10日

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は CIMG2127.jpg です

4月10日

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 4月15日-1-1024x574.jpg です

4月15日

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 花10-579x1024.png です

4月19日

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 花9-579x1024.png です

4月19日

4月22日
4月22日

花卉栽培

ビオラ
3月に苗を植え付け4月の状態
ビオラ
3月に苗を植え付け4月の状態
サフィニア・ ペチュニア

苗を購入し5号鉢に植え付ける4月15日


健康情報

血管ストレッチ

太ももの付け根が伸びるのを意識しながら背筋をしっかり伸ばす

体が硬い人は血管も硬いことが、立命館大の家光素行教授(運動生理学)らの研究でわかりました。筋肉を伸ばすストレッチ運動をすれば、血管も一緒に伸びて柔らかくなります。イスに座ってできる手軽な方法を紹介します。

➀横向きに座り、一方の脚を後ろに反らします=写真=

②座って片方の脚をまっすぐ前に出し、かかとを床に着け、かかとを太ももに乗せ、つま先を両手で握ります。足の甲を伸ばしながら、体を反らします。

このほか、イスの背もたれに手を添えて立ち、ふくらはぎを伸ばしたり、布団などにあおむけに寝転がって、膝をかかえたりする方法もあります。

これらの運動を左右で2回ずつ行います。1回あたり20~30秒。これを朝晩に行うと効果があがります。」ちょっと試してみませんか。

後頭神経痛

後頭部にあたりにズキンーズキンーと痛みが走る「後頭神経痛」片頭痛や脳腫瘍などで起きる頭痛とは異なる痛みです「第三の頭痛」と呼ばれています。

なぜ起きる?

長時間頭を下に向けた姿勢でいるため、後頭神経を圧迫することで、首の筋肉や脊柱などの間を通る大後頭神経を小後頭神経とよばれる神経があります。首の筋肉が引っ張られたり凝り過ぎて硬くなったりすると、これらの神経が圧迫や刺激をうけるなどして、痛みが発生します。

どんな症状?

耳の後ろや後頭部の髪の生え際付近から、頭頂部にかけて、電気が走るようにズキンと瞬間的な痛みが生じます。痛みは断続的で数秒から数分間続きます。片頭痛は、頭のいろいろな部分が、心臓の拍動と同じリズムでズキン、ズキンと痛みます。

どう治すの?

多くは1~2日で痛みは治ります。痛む部分を指で押すようにマッサージをして筋肉を弛緩させて症状が和らぐこともあります。首を前に垂らした状態を続けいないようにしましょう。

ウオーキングの効果を高めましょう!

インターバル速歩でウオーキングで高い運動効果が得られます。インターバル速歩では、普通のウオーキングとは異なり、歩行速度を変化させます。インターバル(ゆっくり歩き)時のポイントをご紹介します。

インターバル時に意識することは?

➀あくまでも歩き続け、止まらないようにしましょう。日常生活時よりは、心拍数も上昇しているので、急に動作を静止すると心臓の負担がかかります。

②呼吸を意識してみましょう。上昇した心拍数を減少させ、疲労を回復させる効果があります。

③速歩では、少し肩まわりに力が入ってしまったかも知れません、肩を回しなどして、筋肉をほぐしましょう。

インターバル速歩から少しレベルアップしたい方は?

インターバル速歩にも慣れ、少しレベルアップする場合におススメなのは、

➀速歩の時間を少し長くしてみる(例、3分間→4分間)

②インターバル時にスロージョギングを行う事です、スロージョギングとは、笑顔で話せるくらいのペースで行うジョギングです。通常のジョギングほどきつくはありませんが、ウォーキングよりも股関節や膝関節の屈伸動作が行われるので安全で効果的です。

スロージョギングの注意点

➀あごは上げ、腕は自然に振る。腕は肩がこってしまうほど大きく振る必要はありません。肩の力を抜いてリズミカルに振ってみましょう。

②足の指の付け根あたりで着地する。小刻みにジャンプするようなイメージです。膝が伸びたままにならないに自然に屈曲を繰り返しましょう。

③歩幅は小さく。10cm~40㎝くらいを目安にしましょう。歩行時よりも、むしろ小さくても良いのですが、軽く上下動を感じてみましょう。

ウオーキングによる運動効果を高めるには、歩行の「質」を高めると、歩数を増やさなくても身体活動を増やすことができます。「どれだけ=量」歩くかよりも「どのように=フォーム」歩くかを意識すると良いのではないでしょうか?その際に”安全”でなければいけません。せっかくウォーキングを始めたのに、膝痛や腰痛になってしまったら本末転倒です。足腰の筋肉低下も心配な方は、スクワットなどの筋肉トレーニングと組み合わせて行うことをおススメします。もちろん、膝や心臓に不安がある方などは、医師に確認して行ってください。